2010年09月14日

噂のHDR撮影って何のこと?

iOS4.1が出て
そこら中でHDR撮影がどうのこうの言われてきました。
しかしHDR撮影って何?っていうユーザーもいるのではないでしょうか?
いて当然です。私も知りませんでしたから(汗
それにしても、AppleがHDR撮影機能を付けるとは思わなかったです(T_T)

通常、映像は明るいところと暗いところを同時に表現することができません。明るい部分に合わせて露出を調整すれば暗いところは真っ黒に潰れ、逆に暗い部分に合わせれば明るいところは白く飛んでしまいます。人間の目でも同じですが、目は視線を向けた所に合わせ明るさを調整し続けながらの認識になるため、意識の上ではそれぞれの部分を適性な露出で見たものとして記憶されます。

記憶にあるような風景を再現するための手法がHDRです。


通常、HDR作成のためには露出を変えた複数の画像を用意する必要があります。例えば空の明るさに合わせた画像、影になった建物に合わせた画像、その中間の3枚を用意し、合成により各所の明るさを調整して1枚の画像にする。
(iPhone4でHDR撮影をしたときに何枚か画像が保存されるのはこのためです)

結果として、できあがったものは空がくっきりと青く、影の部分もはっきりと見え、かつ中間域も偏らない記憶通りのものになるが、その反面、画面全体の明度が均一化するため灰色がかって不自然さを感じるものになりがちです。

だからHDR撮影は難しい技術だと言われています。
最後に2枚の写真を比較してみてください。



画像

通常



画像

HDR撮影
posted by Bays at 19:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。